上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日は我等が妖-AYAKASHI-第二回公演、
『炎の馬~或る少年王の罪~』の本番でしたね!!

いや~本当に素晴らしかった。
出演者十二名中約半分が初心者という今回の舞台。
長い稽古期間を経て無事成功に終えることが出来ました!!

みんなとても舞台初心者とは思えないような成長っぷりで、
先輩方もみな感心して下さっていましたね(^^)

アンケートの方を我々運営人含め、
役者一同拝見させていただきましたところ、

なんと、『とても面白かった』という御意見を、
たくさんいただきました!!

この一言がどれだけ我々の励みになることか…!

無事公演を終えることが出来て本当に良かった!
お客様に喜んでいただけて本当に良かった!
素晴らしい仲間に巡り会えて本当に良かった!

当日、寒い中わざわざ御来場下さいましたお客様方、
様々な面でサポートして下さったスタッフの方々、
素晴らしいお芝居をお届けして下さった役者の皆様に、

心より感謝申し上げます。

次回の企画・作品もどうぞ御期待下さい!

これからも物の怪エンターテイメン演技団『妖-AYAKASHI-』を、
どうぞよろしくお願い致します!















当日、見に来れなかったという方の為に、ちょっとだけ

グスタフが慌てて転がり込んで来るシーン

フレデリック の かいしんの いちげき!

夕日(?)に向かって愛を叫ぶ

うら若きメイドの最期

ウィルヘルムとロザリア

その他の写真は、公式Twitterにて
スポンサーサイト
物の怪エンターテイメント演技団妖-AYAKASHI-
第三回本公演 『炎の馬~或る少年王の罪~

BZvBvW0CUAAp1c1.jpg

【原作】
エドガー・アラン・ポー

【脚本】
チーム妖-AYAKASHI-

【あらすじ】
メッツェンガーシュタイン城の当主フレデリックは、
天使のような母親に瓜二つの顔と
黄金色の髪を持った16歳の美しい少年だった。
しかしその心は母を恋い慕うあまりに
歪み凍りついた悪魔そのもの。
少年は美しい者を求め、愛するがゆえに殺戮を重ね、
血に染まった城に君臨する。
惨殺された者たちの怨念は炎の馬となり、
母を求める少年の心を蝕んでゆく・・・。

【出演者】
槻城耀羅/三木美毅/小林香奈子/鈴木未恵子
石田陽介/北条一徳/秋星良/中島麻耶/神海凛音
吉川沙緒梨/吉森理恵/七海綾香/櫻庭ゆか

【劇場】
シアターKASSAI(池袋)

【タイムテーブル】
●12月25日(水)計2公演
昼の部…13:30 開場 14:00 開演
夜の部…18:30 開場 19:00 開演

●12月25日(水)計1公演
17:30 開場 18:00 開演

【チケット】
前売り:2500円
 当日:3000円

チケットの御予約を希望される方は、

・お名前
・チケット枚数
・観劇日時
・連絡先
(返信先メールアドレス)

以上を明記の上、下記アドレスまで御連絡下さい。

mononokeinfo@ayakashi.carrotorange.net

確認次第運営より確認メールが届きます。
どうぞよろしくお願い致します。



宣伝用PVも完成しておりますので、
どうぞご覧下さいませ!Youtubeでも配信中です♪

物の怪エンターテイメント演技団妖-AYAKASHI-が送る聖夜の残酷劇。
今 貴方の耳に聞こえているのは「愛しい人の声」ですか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。